WiMAXは実際に料金がリーズナブルなのか…。

WiMAXモバイルルーターと言われているものは、契約時に機種を選ぶことができ、通常は費用なしでもらえます。けれどチョイスの仕方を間違えてしまうと、「使う予定のエリアでは使えなかった」ということが多々あります。

WiMAXが使用できるかどうかは、UQコミュニケーションズがインターネットに載せている「サービスエリアマップ」をチェックすれば判断できるはずです。怪しい時に関しては、「ピンポイントエリア判定」を行なってみれば判定できます。

WiMAXの最新版として登場することになったWiMAX2+は、従来型の3倍の速度でモバイル通信が可能です。それにプラスして通信モードを変更することにより、WiMAXとWiMAX2+に加えて、au 4G LTE回線も使うことが可能です。

キャッシュバックの支払い前に「契約を解除する」ことになると、お金は“びた一文”もらうことができなくなりますので、それについては、ちゃんと頭に入れておくことが不可欠です。

WiMAXは実際に料金がリーズナブルなのか?利用のメリットや注意点を念頭に、ようやく浸透してきた格安SIM等とも比較した上で、「実際のところ導入すべきなのか?」についてお話させていただきたいと思います。

モバイルルーターの売り上げアップのために、キャッシュバックキャンペーンを謳っているプロバイダーも存在します。キャッシュバックを考慮した料金を比較して、リーズナブル順にランキングにしてみました。

モバイルWiFiルーターを選定する際に、何より気を引き締めて比較すべきだと思うのがプロバイダーなのです。プロバイダーが違えば、扱っているルーターであったり料金がまるっきり変わってくるからなのです。

ワイモバイルが市場展開しているポケットWiFiは、特定のパケット通信量を越えてしまうと、速度制限が掛かることになります。なお速度制限が掛けられる通信量は、利用端末毎に異なっています。

「速度制限なし」というのはWiMAXのみという印象が強いかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式を変更することで、速度制限を受けることなく利用できる「アドバンスモード」という呼び名のプランがあるのです。

モバイルWiFiルーターの購入に当たって、ワイモバイルとWiMAXという高評価の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や月毎の料金などを比較してみたところ、上位機種に関しての下り最大速度を除いたほとんど全ての項目で、WiMAXの方が優っていると分かりました。

スマホで接続しているLTE回線と基本的に違うのは、スマホは本体自身が何も介さずに電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターと呼ばれる機器によって電波を受信するというところになります。

WiMAX2+のギガ放題プランにすれば、1カ月間7GBというデータ使用量の上限はありませんが、3日間で3GBをオーバーすると、速度制限に見舞われてしまうということを忘れないようにしてください。

ご覧のページでは、ご自分に最適なモバイルルーターを選んで頂ける様に、プロバイダー1社1社の速度であったり料金などを精査して、ランキング形式にてご紹介させていただいております。

モバイルWiFiのひと月の料金は2000円台〜4000円台ですが、プロバイダーの中にはキャッシュバックを実施しているところが存在します。この返金額をトータルの支払い額から引けば、実質コストが分かるのです。

WiMAXモバイルルーターと呼ばれているものは、それぞれの機種で4x4MIMO方式もしくはCA方式のいずれかの通信技術が採用されているのだそうです。繋がり易さが異なるはずですので、その辺を踏まえて、どの機種を買い求めるのかを決めましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト