LTEとは…。

WiMAXはトータルコストを計算してみても、他社のプランと比べてお得な価格でモバイル通信を行なえます。通信サービスエリア内であれば、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台の通信端末をネットに繋げることが可能です。

評価の高いWiMAXを使用したいという人は大勢いらっしゃるでしょうが、「WiMAXとWiMAX2+の相違点は何かが分かっていない」という人に向けて、その相違点を比較してみました。

LTEとは、携帯電話であったりスマートフォンなどに盛り込まれている新たな高速のモバイル通信規格になります。3G通信と4G通信の間に位置する通信規格という意味もあって、WiMAXと共々3.9Gということになっています。

ポケットWiFiに関しては、月に使える通信量や電波の種類が違いますので、どのような利用の仕方をするのかによって一人一人に適するモバイルWiFiルーターも異なってくるはずなのです。

WiMAXモバイルルーターについては、各々の機種でCA方式もしくは4x4MIMO方式のどちらかの通信技術が使われているそうです。繋がり易さが異なるはずですから、そこのところを意識しながら、どの機種をゲットするのかを決めましょう。

自分のところで通信回線を有していないプロバイダーは、大元のUQWiMAXから回線を拝借させてもらうためのコスト以外かかりませんから、UQWiMAXと比較しようとも、その料金は割安であることがほとんどです。

WiMAXの通信提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%です。都内23区は勿論、日本全国の県庁所在地などにおきましては、不自由なく通信サービスの提供を受けることができると受け止めて頂いて構いません。

モバイルWiFiを利用するのであれば、なるべくコストを抑えたいと考えますよね。料金に関しては月毎に支払わないといけませんから、仮に300円〜400円位の差だとしても、年間にしますとかなり違うことになります。

WiMAXモバイルルーターにつきましては、様々な種類がありますが、種類によって搭載済みの機能に開きがあります。このホームページでは、ルーター毎の機能とか仕様を比較することが可能となっています。

「WiMAXを最安料金で心ゆくまで利用してみたと考えているのだけど、どのプロバイダーと契約すべきなのかの答えが分からない」という方を対象にして、WiMAXの販売をしているプロバイダーを比較した限定ページをアップしましたので、是非参考になさってください。

私自身でワイモバイルとWiMAXという2つのモバイルWiFiルーターの速度や1ヶ月の料金などを比較してみたところ、上位機種に関する下り最大速度を除いただいたいの項目で、WiMAXの方が優れていることが分かりました。

「モバイルWiFiを買いたいと思っているけど、高速&無制限モバイル通信ということで有名なWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルブランドのポケットWiFiのどちらにした方が賢明かなかなか決断できない。」と言われる方を対象に、両者を比較していますのでご参照ください。

WiMAX2+を、ネットを介して売っているプロバイダーの月々の料金(2年契約終了時までのキャッシュバックも押さえた支払い合計額)を比較した結果を、安いプランを提案しているプロバイダーから順にランキングスタイルでご案内させていただきます。

WiMAXの圏内か圏内じゃないかは、UQコミュニケーションズがインターネットで公開している「サービスエリアマップ」を確認したら判定できます。どうしてもはっきりしない時については、「ピンポイントエリア判定」を実施すれば判断可能だと思います。

「使えるエリア」「月間料金」「通信容量」「速度制限の有無」という4つの事項で比較検証しましたところ、誰がチョイスしても満足できるモバイルWiFiルーターは、何と1機種だけというのが現実でした。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト